オンラインストレージを選ぶポイント

オンラインストレージを選ぶポイント オンラインストレージを選ぶときに大事なのは使用目的です。
企業が用意したストレージにデータを保管するサービスですから、データの消失時の対応や保存するデータの重要度も関わってきます。
無料のサーバーであれば一定期間アクセスがないと削除されてしまうこともあります。
そのようなオンラインストレージは重要なデータを預けるには不安が残ります。
トラブルによってデータが消失した場合も復元してもらえないことがあります。
個人向けと法人向けがありますが、個人向けはバックアップ体制が整っていないことが多いです。
従って多少の料金がかかっても、法人向けプランやビジネスプランを選んだ方が良いです。
無料サービスの中には閲覧範囲や共有範囲の設定が甘く、情報が漏洩するリスクもあります。
とにかくデータを何の目的で預けるのかを理解しておくことが大事ですから、容量や料金やバックアップ体制、セキュリティー機能の有無などを考慮して決めましょう。

オンラインストレージにもセキュリティ対策が必要?

オンラインストレージにもセキュリティ対策が必要? 有料無料を問わず、オンラインストレージを利用している人は多いでしょう。
しかし、オンラインストレージに対するセキュリティまでは、意識していないのではないでしょうか。
とても便利なサービスですが、リスクがあることも認識しておかなければなりません。
近年では、企業を標的にしたサイバー攻撃が増えています。
それにより、多くの企業が被害を受けているのです。
このような攻撃は、オンラインストレージにおいても十分に考えられますが、100パーセント回避することはできないのです。
基本的には、セキュリティ対策をしっかりしているサービスを選ぶことが重要です。
そのうえで、個人としては容易に推測できないアカウントにするなどの対策が必要になります。
攻撃する側は、ソフトウェアを使いパスワードの解析などを行いますので、簡単なパスワードを設定しているとアカウント内部への侵入を許してしまいます。
オンラインストレージサービスがサイバー攻撃により停止してしまったり、内部に侵入されると自分のアカウントへのアクセス不可や、データの消失も考えられるのです。